news/blog

お知らせとブログ

 

「頭」を触れずして根本的な疲れが 改善できるのか?

2020.11.07 / お知らせ

こんにちは!

Brain Heal Head College の稲垣ふみです。

先日、かれこれ20年近くリピートされている顧客様の施術する日でした。

普段、ヘッドマッサージスクールの校長がどんな施術をしているか?というと…

 

「オイルトリートメント+ヘッドマッサージ」

 

もともと稲垣ふみの原点は、アロマセラピストなんです。

実はヘッドマッサージ歴よりもアロマセラピスト歴の方が長いのです^^;

ちょうど2000年からアロマを勉強し始めて、リラクゼーション業界に入って、かれこれ20年が経ちました。

まさかアロマを始めた時、自分がヘッドマッサージで活動しているとは、全く想像つかないことでした。

 

そんな稲垣ふみはアロマセラピストの活動をしながら、「脳の休息」について着目し、その分野について学び始めました。

 

そして、あることに行き着きました。

 


人の心身を癒す「セラピスト」なら頭(脳)をケアすることは絶対に必要なこと


 

ボディメインのアロアトリートメントは、あくまでもボディのメンテナンス。

もちろん体をケアすることで、間接的にメンタル面も癒せますし、心も体もスッキリします。

でも現実的に1つだけ触れていない部位があり、その部位の講義の時間はほとんど無く、あっても簡単な技術だけ。

あまり重要視されていなかったのが「頭」でなんです。

 

稲垣ふみがアロマセラピストして施術を始めた頃…

担当させていただくお客様の主訴は、頭痛や不眠などがありました。

 

首・肩こりはもちろん多いのですが、特に多かったのが…

「頭が重く、すぐに疲れる…」
「睡眠薬が手放せない…」
「毎日、頭痛薬を飲んでいる…」
「すぐにイライラしてしまう…」

…など。

 

ボディをトリートメントして施術後、

「ゆっくり休めました!」
「体が軽くなりました!」

というお声をいただきましたが…

 

あくまでもこの感想は、施術を行った結果であり、施術内容や施術過程については、自分が納得していませんでした。

自分でお客様の不調を認識して、もっとその不調にあったアプローチをする必要があるのではないか?

そんな行き当たりバッタリの施術で本当にプロのセラピストとして、これで良いのか?

 

そこまで考える様になり、そして今まで触れていなかった「頭」を施術する必要があるのではないか?

体も大事ですが… 本当に疲れているのは「頭」であり、そこを触れずして根本的な部分が改善できるのか?

 

お客様で一番多い主訴は、首こり・肩こりです。

実は、首こり・肩こりの原因は、姿勢が悪いからという表面的な部分で判断されがちですが…

稲垣ふみのこれまでの経験から半数近くがメンタル面から首や肩がこってしまう人が多いのです。

首こり・肩こりは、首や肩甲骨周りの筋肉に緊張が取れない状態です。

この緊張は、ほぐしたりトリートメントすることで緩めることができます。

 

「脳」が最初に緊張を感じ、その結果、首・肩の筋肉に緊張が走るのです。

だからヘッドマッサージをすることは、「脳」にアプローチする必要があり、その手段の1つになるのです。

 

両方やれてこそ、芯の部分からケアできる…

これこそが「全身ケア」ではないでしょうか?

 

実際に今回の顧客様も毎回ずっと…

「オイルトリートメント(ボディもしくはフェイシャル)」

「ヘッドマッサージ」

…の両方を必ず受けて行きます。

 

今回、もしセラピストとして、稲垣ふみと同じように…

「お客様に体も頭の両方から緩んでいただきたい!」

と感じている方は…

『ブレインヒールヘッドタッチ®〜脳から癒す頭の触れ方〜』

…を一度、ご体感していただきたいです。

そんな方は、体験説明会を毎月行っておりますので、ぜひお気軽にご参加していただければと思います。

※現在は感染予防対策として、参加者は定員2名の超少人数で開催しております。

 

2020年12月の体験説明会は…あと2回になります。

残席もあとわずかになっておりますので、もしご興味がある方はぜひぜひご参加いただければと思います。

<開催日>—————————

・12月4日(金)13:00~16:00
【残りあと1名】

・12月16日(水)13:00~16:00
【残りあと1名】

場所:名古屋本校
——————————————

お申し込みはこちらから↓↓↓
◆スクール体験説明会 随時募集中!

体験講座説明会

 

それでは本日も最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!

Brain Heal Head College 稲垣ふみ

page top